tern SURGE X カスタム開始

ミニベロ ロード tern SURGE X
tern SURGE X

2021年4月初旬に購入したばかりの tern SURGE X 。
購入直後からカスタム開始です。

最終目標はやっぱりシマノデュラエースのフル装備までいきたいけど
何年かかるかわからないですね。

とりあえずこの最終目標は置いといて。
まずは既に手持ちにあるパーツでカスタムしていきます。

tern SURGE X サドル シートポスト

サドル&シートポスト

SURGE X 購入翌日に交換。
KUWAHARA Goblin で使用していた、
TNI のカーボンシートポストと、
サドルをセラサンマルコのコンコールダイナミックに変更。
これだけで、180g 位の軽量化になったと思います。

tern SURGE X シートピン

シートピン

SURGE X 購入後の
コロナ緊急事態宣言中のGW、
シートピンをチタン素材の
ボルトとナットに交換しました。
色はフレームの色に合わせ黒。
重量は標準で10.2g、
交換品は5.4g。マイナス4.8gです。

tern SURGE X ステム

ステム&コラムスペーサ

SURGE X 購入翌々日。
ポジション合わせ目的で
メーカー不明ロードで色々試す為に
使用した
TNI の Helium6 80ミリ に交換。
同タイミングでコラムスペーサーを軽量アルミの物に交換。
コラムスペーサーが標準が65g以上あり
ステムとの合計で65g近い軽量化です。

tern SURGE X ステム

さらにGW中
ステムのバー取り付けボルト、
コラム締め付けボルト、
コラムトップキャップ&ボルトを交換
ボルト類は全てチタン素材。
トップキャップはカーボンです。

ここで約10gのマイナスです。

tern SURGE X ボルト

ボトルケージボルト

あまり力の掛からない場所なので、
こちらはアルミボルトに交換。
ワッシャーは
3ミリのポリカ製ワッシャーを
穴の径を広げ使用。

tern SURGE X ボルト

シートステー
ダボネジ

こちらも無くてもいいボルト。
アルミ製に交換
ワッシャー無しです。

この両方で、
約13gから約5gと、約8gのマイナス。

tern SURGE X クイックシャフト

クイックシャフト

tern SURGE X 購入後のGW最終日。
工具箱、パーツ箱を整理していて
気づきました。
チタンシャフトでアルミナットの
TNIのクイックシャフトに交換。
リヤが130mm用でちょっと短め。
ほんのわずかに短いだけなので
とりあえず使用してみます。
標準のフロントシャフト1本より
使用したシャフト前後セットの方が
軽いです。
ここだけで70g近く軽量化してるかも

tern SURGE X にチタン製軽量クイックシャフト装着

2021年5月16日(日)
クイックシャフト追記

130ミリ用シャフトだった為に
ちょっと不安だったクイックシャフト。
通販で135ミリ用を購入。
RIDEAのチタンシャフトのクイックシャフトです。

最初に付けたTNI製とほぼ同じ重量です。

SURGE X 軽量クイックシャフト

当然フロントも
同じシャフト。
当然100ミリ。


デザイン的にはTNIの方が好きだったのですが
やはり安心して乗るにはこっちですね。
レバーの固定の感触はRIDEAの方が
しっかり留まってそう。

今はここまでしかやっていませんが、
ここまでで320g位は軽量化になるのかな。
ノーマル状態に、前後ライト、ペダルを付け、
バーテープも厚手の物をかなり根本まで巻いている事もあり、
購入した直後の段階で10.4kg近くあったし
さらにベル、サイコン、ボトルケージを追加してる事を考えると
まだ10kgは切れないかな。

もしGW中に時間があれば、ハンドルバーを、
一時期 Goblin をドロップハンドル仕様で乗っていた時に使用していた
シマノ プロ LTコンパクトエルゴノミックに交換出来ればと思っていましたが、

しばらくはハンドルバーを交換せずにこのままいくことに決めました。

いつになるかは分かりませんが、今後の予定としては、

クイックシャフトをリヤ135mm対応の物を調達する事が最優先かな。
(2021/5/16完了)

ハンドルバーも当然候補なのですが、
先にまだ新しいうちに、スプロケットを交換しようかなと。
ガンガン乗った後ですとチェーンの交換も考えなくてはならないしね。
あまり山とかは行く予定もないので28までは不要かなと、
アルテグラかデュラエースの11−25へ。

後はペダルをGoblinで使用している物と同じ物にしようかとも思ってます。
これだけで今現在のシマノの片面フラットSPDより100g近く軽量化出来ますし。

ここまでやればほぼ確実に重量10kgは切れるはずです。

自転車の重量減らす前にライダー(私自身)の体重減らす方が先かな・・・

タイトルとURLをコピーしました